小滝鉱泉
小滝鉱泉旅館

            

小滝鉱泉旅館  県道56号線から100mほど入ると道が二手に分かれます。左は小滝鉱泉、右は赤滝鉱泉への道となっています。久々のダートにワクワクしますが、引き締まったフラットなダートで、ダートを走る楽しみはそんなに無いかな?ロードバイクでも楽に走ることのできる道です。でも、途中から急なところもあるので、ご注意を!
 1.2kmほどのダートを走り谷底のような場所着くと、そこに小滝鉱泉がありました。宿は今風の住宅といった感じで、鉱泉の看板がなければ本当に個人のお宅と間違えてしまいそうです。宿の少し先には名前の由来となった「小滝」が流れ落ちています。

 

 きれいな館内の奥に男女別の浴室があります。湯船は石造りで5〜6人が浸かることのできる大きさ。窓が大きく、明るい雰囲気の中、湯に浸かることができます。湯はわずかに白みを帯びた透明感のあるオレンジ色。川の流れを聞きながらのんびりとひとときを過ごしてきました。 内湯

                                

泉  質 温泉法第二条、総鉄イオン・メタケイ酸の項で温泉に該当
泉  温 14.8度
風呂の種類 男女別内湯
設備等 駐車場
所在地 栃木県矢板市平野1618
電  話 0287−43−0941
交  通 東北自動車道 矢板I.C.から18km、車45分
営業時間
(日帰り入浴)
料  金 入浴¥500 休憩¥1000(広間)、¥2000(個室)
宿泊¥8600
(02.6)

戻る  塩原・那須の湯めぐり  次へ

hiroの湯めぐり日記 ホーム  温泉銭湯  日帰り温泉  湯めぐり旅