弁天温泉
弁天温泉旅館

       

 大丸温泉から少し下に湧くのが一軒宿の弁天温泉です。少し奥まった場所にあるので、大丸温泉や那須湯本温泉などのような喧噪から離れ、静かに過ごすことができそうな宿でした。 弁天温泉旅館

 

内湯  内湯は壁に大きな岩がそびえ、ちょっと洞窟風の感じがします。ちょっと熱めの緑色の湯がかけ流しになっています。炭酸水素塩泉のような感じを受けたのですが、分析表を見ると単純温泉。単純温泉でもいろいろな湯があるのだなと思いました。

          

混浴露天風呂 混浴露天風呂
 外に出ると5つの露天風呂がありますが、こちらはすべて混浴(内湯は男女別です)。上は「河の湯」と呼ばれる一番大きなもので、15〜6人が浸かることができそうな大きさ。右上は7〜8人が浸かることのできる、湯船の真ん中にカエルの置物がある湯船。そして変わり風呂として「釜風呂」(右)、「樽乃湯」(左下)、「夫婦かめの湯」(右下)があります。

 ちょうど訪れた時は、誰もおらず貸切状態。どの湯に浸かろうかと迷ってしまいましたが、少しずつ湯温が違うので、すべての湯に浸かってしまいました。次に訪れる時は、じっくりと湯を楽しみたいと思いました。
釜風呂
樽乃湯 夫婦かめの湯

        

泉  質 単純温泉
泉  温 48.6度
風呂の種類 内湯 混浴露天風呂
設備等 駐車場
所在地 栃木県那須郡那須町湯本157
電  話 0287−76−2211
交  通 東北自動車道 那須I.C.から17km、車40分
営業時間
(日帰り入浴)
10時〜17時
料  金 入浴¥1000 宿泊¥13000〜
(04.7)

戻る  那須の湯めぐり  次へ

hiroの湯めぐり日記 ホーム  温泉銭湯  日帰り温泉  湯めぐり旅