六龍鉱泉

 

六龍鉱泉  根津駅から歩いて7分ほどの路地の奥にある銭湯です。何回か行きましたが、何回行っても迷ってしまいます。初めていく方は地図を持って行った方がいいかも。
 六龍鉱泉は戦前から続く歴史のある温泉銭湯です。入口は宮造り。番台で入浴料を払います。
 脱衣所には六龍鉱泉の歴史を証明するかのように、昭和6年の温泉分析書の写しが掲示してあります。庭には池があり、鯉がのんびりと泳いでいました。
 浴室に入ると、湯船のすぐ上から描かれた大きなタイル絵。男湯は錦帯橋のようです。明るく、気持ちよく湯に浸かれました。温泉は黒湯で、2つある湯船の両方に満たされています。透明度は30cmくらいで、けっこう濃い湯です。
 六龍温泉の湯は熱いことで有名。ぬるめの方の湯でも、普通の銭湯の熱めぐらいの熱さ。熱めの方は、以前は肩まで浸かることもできませんでしたが、今回は少しぬるくなったのか、1分ほど浸かることができました。
 近所のご隠居さんがたくさん訪れる、地元に密着した銭湯でした。
温泉分析表

 

お風呂の種類 温泉浴槽(2)
設備等 番台 タイル絵
所在地 東京都台東区池之端3−4−20
電  話 03−3821−3826
交  通 地下鉄千代田線 根津駅から徒歩7分
営業時間 15時30分〜23時
休業日 月曜日
料  金 入浴¥400
(99.11)(03.1)

hiroの湯めぐり日記 ホーム  温泉銭湯  日帰り温泉  湯めぐり旅