那須湯本温泉
老松温泉 喜楽旅館

  

那須湯本温泉 老松温泉 喜楽旅館  以前から訪れたいと思っていた老松温泉。そろそろ廃業かと言う噂を聞いたので訪れてみました。実を言うと以前にも近くまで訪れていたのですが、こんな細い道行くの?と思って断念したことがあるんですが、引き返したところから目の前にあったんですね。
 宿の手前に開けた駐車場を歩いて行くと朽ち果てたジムニーが放置されています。そしてさらに進むと今は閉ざされた老松温泉の玄関が… すでにこちらは使われていないようです。 廃ジムニー
那須湯本温泉 老松温泉 喜楽旅館  さらに歩いて行った先に木造のボロボロの建物が… 
 入浴料は右手の母屋で支払います。 那須湯本温泉 老松温泉 喜楽旅館
那須湯本温泉 老松温泉 喜楽旅館  先に行くと完全に朽ち果てた建物が… こちらの半分が今でも浴室として使われているのですが、確かに大雪が降ったら完全につぶれてしまいそうな、今でも廃墟して通用しそうな建物です。これで今も使われているだなんて、信じられません。
 宿の反対側から見るとこんな感じ… 知らなければ廃墟です(*^▽^*) 那須湯本温泉 老松温泉 喜楽旅館
階段  浴室のある建物に入り、階段を下ます。
 階段を降りると、そちらも底が抜けそうな廊下が続いています。その先に浴室があります。 廊下
地下通廊  階段の下には迷宮行きの洞窟が… ではありません。母屋と宿を結ぶ地下通路だったんですね。
 薄暗い廊下を進んだ先に男女別の浴室があります。
 浴室はあまり広くはなく、3〜4人が浸かれる湯船が2つありますが手前の湯船だけに湯が張られています。湯は当然のことながら掛け流し。那須湯本らしく乳白色の湯です。浸かると鹿の湯とは違ってぬるめです。そして意外なことに酸っぱくないんですね。後で調べてみたら、独自源泉でアルカリ性の湯のようです。ぬるめでいつまでも浸かっていたくなる湯だったので、気が付いたら1時間も浸かっていました。
浴室

 

泉  質
泉  温
風呂の種類 内湯
設備等 駐車場
所在地 栃木県那須郡那須町湯本181
電  話 0287−76−2235
交  通 東北自動車道 那須I.C.から11km、車20分
営業時間 8時〜20時
料  金 入浴¥500
(15.11)(15.12)

hiroの湯めぐり日記 ホーム  温泉銭湯  日帰り温泉  湯めぐり旅